沖縄ホエールウォッチングのポイント

かつては商業捕鯨の対象となっていたクジラが今や、観光の目玉に変わっています。
このクジラの生態を船上で観察するものがホエールウォッチングです。
ホエールウォッチングと聞いても、どこか外国に行かないとできないと思われがちですが、実は日本全国で可能だということはあまり知られていません。

ですが、全ての種類が見られるということではなく、その時期や場所により見ることのできるクジラの種類は限られています。
ホエールウォッチングに特に力を入れているのが沖縄です。
沖縄ホエールウォッチングではホエールウォッチング自体を観光化しています。

そのため、生態系で絶滅に近づいているクジラをルールを決めることにより保護しています。
このルールは必ずしも守られているかと言えば、そうでもないようですが、全くしていないよりはいいでしょう。

沖縄でホエールウォッチングができるのは1月から3月の冬の間です。
ある調査によると遭遇率は98%に及びます。

単にクジラの生態を見るだけでなく、貴重な場面に遭遇することができます。
「フルークアップ&ダウン」と呼ばれている行為は、大きな尾びれをまっすぐ水面上に持ち上げて潜航に入る様子を言います。
ホエールウォッチングではこのような普通では遭遇不可能なシーンに出会うチャンスがあります。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP