ホエールウォッチングは冬がおすすめ

沖縄ホエールウォッチングに参加したら、もしかするととても貴重な場面に遭遇することができるかもしれません。
例えば、「テールスラップ」と呼ばれているものです。
これは尾びれをまっすぐ降りおろし、水面を大きな音と水しぶきで叩き付ける独特の行為です。
また「ブリーチ」と呼ばれているものは、体を2/3を水面上に持ち上げて、胸を横に突き出して体を縦軸方向に回転させる行為です。
いずれもクジラ独特の行為です。

沖縄を観光するプランには冬になるとホエールウォッチングを目的とするプランが多く登場します。
これは冬の方が遭遇率が高まるためです。
万が一、クジラに遭遇することができないとホエールウォッチングの意味がなくなります。

そこでプランを用意している旅行会社では遭遇できない場合は費用を全額返金すると謳っているところが多数あります。
ホエールウォッチングでは見学する場所や時期によって、見ることのできるクジラの種類も変わってきます。

また、クジラを保護するために様々な取り決めがされています。
観光する側もこのルールを守ることは重要です。
ホエールウォッチングでは参加できる年齢の制限がある場合もあります。
参加については十分調べてから申し込んでください。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP