商業捕鯨と観光捕鯨

沖縄ではホエールウォッチングが盛んです。
クジラをまじかで観察できる沖縄ホエールウォッチングは近年盛んになってきた産業と言えます。

商業捕鯨という言葉があるようにかつては食糧として捕獲されていたクジラを観光の目玉として取り上げる点に着目しました。
商業捕鯨はしばしば国際的に問題となり、ニュースでも報道されるほどでした。
日本国内でホエールウォッチングができるのは沖縄だけでなく、北は北海道、東京でも伊豆諸島や小笠原でもできます。
しいて言えば日本のどこでもできると言えます。

なぜ、沖縄に注目が集まるのかと言うとそれはひとえに観光に力を入れているからにほかなりません。
沖縄には様々なプランを提供する旅行会社が多数あります。
その会社1社1社が個性的なプランを打ち出しています。
ホエールウォッチングについて言えば、「くじらに会えなければ全額返金」というプランです。
やはり、目的がホエールウォッチングですから、くじらに会えないということは失敗と言えるでしょう。
また再チャレンジという気持ちにもなります。
プランの中には参加年齢に制限があるものがあるので、申込時には確認が必要です。
また、参加には様々なルールが決められています。
これはクジラたちの保護を目的としているので必ず守るようにしましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP